漢方薬  吉祥寺森岡眼科 漢方

杏林春

中医眼科-黄斑変性

中医眼科トップ四季の養生トピックス先生紹介漢方相談表吉祥寺森岡眼科

中医眼科

中医学

四季の養生

メール漢方相談

漢方相談表

病気 漢方治療と症例
中医師がお答えします

 吉祥寺森岡眼科内併設

 TEL: 0422-20-65411

臨床経験豊富な中国眼科漢方医が
貴方様の声を傾聴して、最高の技術で相談に臨みます
あなたに一番合うオーダメイド処方をご提案します

黄斑変性

網膜のほぼ中心にある黄斑部に変性が起こることを黄斑変性症といいますが、滲出型と萎縮型があります。 滲出型は、高齢者や糖尿病の方など血管がもろくなっている人の場合に発生する、色素がにじみ出すだけでは終わらないことがあります。 というのは、色素変性という異常事態を抑えようとして新しい血管ができ(新生血管)、これが黄斑部に入り込んでくるからです。新生血管は非常にもろく、出血しやすいので、すぐに出血します。出血した血がその場でどんどん固まり、やがて黄斑部は円盤状に隆起して、変性をきたしてくるのです。 視野の中心が見えないという点が、黄斑変性症の症状で、最も不便な点です。けれども、それ以上に深刻な問題は、一度障害された黄斑を修復し視機能を回復させる手段はないのが現状です。新生血管をレーザー光凝固、光線力学療法などの治療法がありますが、再発することも少なくありません。

 網膜黄斑変性と漢方

中医治療は効果がとても良いです。早期には涼血止血活血、よく使う生薬は生地黄、茅根、側伯葉、後期には活血化お、行気散結です。よく使う生薬は蒲黄、丹参。それによって、血液の流れを良くし、出血を防ぐことができます。古い出血痕や、滲出斑を散らし、吸収して、視力が上がる。しかも、血行をよくし、再出血も防ぐことができます。 そのほか、糖尿病網膜静脈閉塞網膜脈絡膜炎症などの病気から起こる黄斑に及ぼす出血も、中医治療では非常にいい効果が現れています。速やかに出血を吸収し、黄斑の機能を回復しつつ、視力がよくなります。
萎縮型の黄斑変性症も中医治療が良く効きます。

脾虚気弱
症状: 視野の中央がよく見えない、ゆがむ、暗く見える、黄斑部滲出、黄斑出血繰り替え。目が重い、しょぼしょぼ、食少、腹脹、食後に腹脹強まる、大便溏薄、倦怠、息切れ、顔色萎黄、消痩等。舌質淡、苔白、脈緩弱。
漢方薬: 補中益気湯

肝腎不足
症状: よく見えない、目の乾燥感、耳鳴り、眩暈、頭痛、体の熱感(午後に多い)、のぼせ、手のひらや足の裏のほてり、口の咽の乾き(夜間に強い)、顔面紅潮、いらいら、不眠、多夢、ねあせ、腰や膝がだるい、尿が濃い、便がかたいなどの熱証を呈する。体はやせ、皮膚が乾燥してつやがないことが多い。黄斑部色素乱れ、萎縮、繊維化、瘢痕。舌質はやや紅、脈は沈細。
漢方薬: 四物五子丸

 黄斑変性の食事

良い食物
ルテインは目に良い栄養素ですが、ルテインが豊富なほうれんそや、トウモロコシなどが 良いです。
黄斑変性の主な原因は酸化と言われる、ビタミンCと亜鉛が抗酸化作用が持ち、 橘類果物、トマトを食べるのが良いです。

気を付ける食物
辛燥い、油濃い食べ物、お酒、たばこ。 


Copyright (C) 2010 kyourinsyun All Rights Reserved