漢方薬  吉祥寺森岡眼科 漢方

杏林春

漢方相談

中医眼科トップ四季の養生トピックス漢方相談表吉祥寺森岡眼科

中医眼科

中医学

四季の養生

メール漢方相談

漢方相談表

病気 漢方治療と症例
中医師がお答えします

 吉祥寺森岡眼科内併設

 TEL: 0422-20-65411

臨床経験豊富な 中国眼科漢方医のホームページ
貴方様の声を傾聴して、最高の技術で相談に臨みます
あなたに一番合うオーダメイド処方をご提案します

中医学と

は

中国伝統医学は略して中医学と言います。
中医学の特徴は、整体観と弁証論治の二つです。

 整体観とは

整体観とは、体を構成する各身体部分間、組織上も分割できなく、機能上も互いに用いて、 バランスが整っています。五臓を中心とし、経絡を通して、六腑、五官、手足などと繋がって、精、気、血、津液の作用で、体が生理機能をします。 同時に、体と自然環境の間も、緊密に関連しています。このような体内部と外部環境の統一性、体内部の調和の 考え方を整体観といいます。

 弁証論治とは

弁証が診断に当たるもので、具体的には病気の部位、原因、性質及び正気と邪気の関係などを、陰陽、虚実、寒熱、裏表、その他で表します。 論治は治療に該当します、弁証により得られたデータに基づいて、治療方法を検討・決定し、実施することです 。
病気の発生する原因に対して、外部の原因を探すのみならず、主に体内部から原因を調べる。
健康の場合は、体は陰陽平衡が取れています。病気の状態を陰陽失調と言 います。病気を診察、治療の際も、五官、形体、色脈、舌など外部の変化から、内臓の異常を探します。舌など は、経絡を通じて、直接或いは間接に五臓と関連しているからです。 病気の発生と治療について、中医学の独特の考え方があります。
一つは、病気になる主な原因は、体内部から来ているのです。"正気存内、邪不可干"。発病因子が体内部で発病 の条件が満たせば、病気が発生する。 その時、治療は、主に、発病因子が体内部に発展する条件を治す 例えば、皆さんがご存知のように、木からナメコなど菌類が育てられる。もし、その木から、なめこが植えない でほしい時には、出てきたナメコを取ると、この木は、さらになめこが植えてしまうので、その時は、木の環境 (湿熱)を変えれば、解決できるでしょう? も一つは、病気が明らかになってから、治療が始まるのではなく、病気の前、体調が悪くなり始めたら、対処す る。治未病をします。未病とは、身体の バランスが崩れても、身体の調節能力がまだある状態です。
未病と病気にならないように、普段から養生しましょう。


Copyright (C) 2010 kyourinsyun All Rights Reserved