漢方薬  吉祥寺森岡眼科 漢方

杏林春

中医眼科-眼精疲労

中医眼科トップ四季の養生トピックス先生紹介漢方相談表吉祥寺森岡眼科

中医眼科

中医学

四季の養生

メール漢方相談

漢方相談表

病気 漢方治療と症例
中医師がお答えします

 吉祥寺森岡眼科内併設

 TEL: 0422-20-65411

臨床経験豊富な中国眼科漢方医が
貴方様の声を傾聴して、最高の技術で相談に臨みます
あなたに一番合うオーダメイド処方をご提案します

眼精疲労

目が疲れる目が痛い、目がかすむなどといったことが、頑固に続いたり、体に悪影響が及ぶことを眼精疲労と呼びます。頭痛、 肩こり、吐き気など全身的な症状が従うことも多いです。近視、乱視、老眼などの矯正不良、目の病気以外、目の使いすぎ、精神的ストレースがよく見られる原因です。

 眼精疲労と漢方

中医学では、五臓六腑の栄養物質が上行灌注で、目は物が見られ、五色の色見分けができると考えます。バランスが崩れた五臓の機能を調節してから、眼精疲労の症状が大分軽減され、起きる頻度も段々減ります。

肝血不足
症状: ドライアイ、目の乾燥感、痛み、頭痛、動悸、眩暈、手足のしびれ感、舌質はやや淡白、脈は細。
漢方薬: 四物湯

肝腎陰虚
症状: ドライアイ、目の乾燥感、頭痛、体の熱感(午後に多い)、のぼせ、手のひらや足の裏のほてり、口の咽の乾き(夜間に強い)、顔面紅潮、いらいら、不眠、多夢、ねあせ、尿が濃い、便がかたいなどの熱証を呈する。体はやせ、皮膚が乾燥してつやがないことが多い。舌質は紅〜深紅で乾燥、舌苔は少、あるいは無苔、脈は細数。
漢方薬: 六味丸・知柏地黄丸・杞菊地黄丸


Copyright (C) 2010 kyourinsyun All Rights Reserved