漢方薬  吉祥寺森岡眼科 漢方

杏林春

漢方眼科

中医眼科トップ四季の養生トピックス先生紹介漢方相談表吉祥寺森岡眼科

中医眼科

中医学

四季の養生

メール漢方相談

漢方相談表

病気 漢方治療と症例
中医師がお答えします

 吉祥寺森岡眼科内併設

 TEL: 0422-20-65411

中医眼科-目の病気
緑内障 ぶどう膜 網膜黄斑変性 眼精疲労
目と五臓

古代中国から、目と五臓六腑の関連があると分かっています、目の病気は漢方薬治療で、優れた効果が期待できます。

漢方眼科総論

目が物をきれいに見る、視機能を果たすには、五臓六腑から生成した気、血の栄養 と気、血、水がうまく体に巡ることが必要です。
いろいろな原因で、気、血の不足、バランスのくずれ、流れが滞ると、目、体の病気になりやすいです。
適切な漢方薬は目の病気に優れた効果があります。特に慢性病気や難病。
目の病気に悩んでいる方は、ぜひ中国漢方を試しましょう!
原因を特定、弁証論治、気、血、水のバランスの調和、五臓六腑機能の調節によって、目の病気を治し、全身的な機能を回復 、強化することが出来ます。

漢方薬に効く目の病気
緑内障 加齢黄斑変性 眼底出血 網膜静脈閉塞 糖尿病性網膜症  ぶどう膜炎 ベーチェット病 サルコイドーシス 網膜色素変性 視神経 中心性漿液性脈絡網膜症 網膜色素線条症 角膜炎 角膜潰瘍 結膜炎  眼精疲労 ものもらい ドライアイ 近視 複視 黄斑円孔 など

 目と五臓六腑

1000年前の北宋の名医王懐隠所著「太平聖恵方」と言う医書に目を外部から、内部まで、眼鹼、眼角、結膜、角膜、瞳孔の五つの部分で分けて、それぞれ肉輪、血輪、気輪、風輪、水輪と言い、合わせて五輪と言われ、五臓に属する。肉輪は脾、血輪は心、気輪は肺、風輪は肝、水輪は腎になります。
目と五臓六腑は深い関わりがあります。
目が物を見るには、五臓六腑が生成された気血、精気の滋養が必要です。

心主血脈、諸脈属目
心は全身の血脈を司る。心の気の推動で、血が全身に循環され、上まで目に送ってくるから、目がきれいに万物が見えるのです。

肝受血而能視
肝は血を貯蔵、血の量も調節します。五臓六腑の精気が目に注ぐですけど、その中、肝の血の濡養が目に一番重要です。

脾輸精気、上貫于目
脾は食物を消化吸収して、気血を作ります。健康な脾は栄養物質を上に注ぐ性質があります、脾が弱いと、目に栄養が到達できず、支障が生じます。

肺為気主、気和目明
肺は全身の気を司る、その気は血を目に巡らせて、栄養と暖かさを与えます。

腎精充足、目視精明
腎は精気を貯蔵し、目に注いで、目が機能する。腎は津液も司る。その津液は目の涙液、房水の元になります。

 漢方と目

漢方では、生体機能を担っている基本的な構成成分として、気、血、水の3つの要素があります。気は人体のすべての生理機能を動かす生命エネルギーであり、血、水は体を構成する要素です。血は血液に相当し、水は体液やリンパ液など体内の水分であり、血、水は気のエネルギーが原動力になって体の中を循環しています。

気、血、水は一定の量を保っていて、互いにバランスを取って、体中を巡っています。気、血、水の量のバランスがよく、循環が良好であると、体の新陳代謝、生体防御力、恒常性維持機能が十分に働いて、体の自然治癒力が高まります。

量の過不足、流動の乱れ、停滞、或いはバランスが取れなくなると、目、体が病気になります。漢方医学では、体の自然治癒力を高めるためには、気、血、水のバランスを良くし、循環を良好な状態にすることが必要条件と考えています。

漢方治療は気、血、水のバランスの調和、五臓六腑機能の調節によって、目の病気を治療し、全身的な機能を回復 、強化することが出来ます。

唐の時代名医・薬王孫思ばく
古代臨床医学名著(著者孫思ばく)

Copyright (C) 2010 kyourinsyun All Rights Reserved
>